ジョンストンズとは

| コメント(0) | トラックバック(0)

ジョンストンズは、カシミアと高級ウールのエキスパートとして有名な、英国スコットランドの老舗ブランドです。

 日本では、「ジョンストンズ」というブランド名で親しまれていますが、正式な名称は"Johnstons of Elgin(ジョンストンズ オブ エルガン)"と言います。

 エルガンとは、スコットランドの北東に位置する地域の名称で、ジョンストンズは、1797年に、この地で創業しました。

 スコットランドといえば、ウイスキーが有名ですが、世界中の人の舌をうならせる上質なウイスキーを製造するのと同じ、水の非常にきれいな地域でジョンストンズの製品は生み出されています。

糸を染め上げる時の水にさえこだわり、上質な素材だけを探し求めることで、長年色あせることのない美しさをもつ製品を作りあげているのです。

日本では、カシミア製品が最も有名なジョンストンズですが、初期はウールを中心に製造をおこなっていました。

1840年代にはエステードツイードとして知られるデザインの創作、改良をへて、1970年代後半に、カシミアニット生産の心臓部と言われる、ボーダー地方のホーイックに新たな自社工場を設立。

 創業から200年以上も経営を続けているジョンストンズですが、創業からずっと"ジョンストンズ家"と"ハリソン家"が経営をおこなっているファミリー企業です。

 家族、社員、取引先、お客様とのつながりと、自社の伝統を大切にしつつ、常に未来を見つめるジョンストンズは"最高のもののみがすべて"という経営理念をかかげます。

"メイド・イン・スコットランド"にこだわり、"最高のもののみがすべて"という、素晴らしい経営理念に持つジョンストンズは、今でも、原毛の厳選から始まり、製品の完成にいたるまで、出荷までの実に30もの工程をすべて自社で行なっている、スコットランドで唯一"一貫生産"をおこなうブランドです。
 すべての製品を完璧なものにするために、製品の1点1点の仕上げは、熟練した職人による手作業でおこなわれています。

 その品質は世界のトップデザイナーにも認められ、英国王室からも愛されています。

 英国王室の御用達である証として、2013年に、チャールズ皇太子(プリンス・オブ・ウェールズ)のロイヤルワラントを取得。
 ジョンストンズの入り口には、チャールズ皇太子夫妻が、初孫ご誕生の際に、ジョンストンズをご訪問し、ご注文なされた時の写真が飾られているそうです。

 日本には1980年に上陸。その品質は日本でも認められ、上質なものを愛する多くの人をとりこにしています。

 "最高の品質"にこだわるジョンストンズは、創業から200年以上たった今でも、世界中で愛されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://roomtokiwa.xsrv.jp/mt-tb.cgi/418

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwaが2015年9月22日 10:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジョンストンズの人気素材「カシミア」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。